YOUUP マイページお買い物ガイドお問い合わせ

世界のデオドラント事情「アメリカ」

世界のデオドラント事情「アメリカ」

ニオイのもとであるアポクリン線の数が多く体臭がきつくなりやすい

アメリカ
ワキガの人が8割ほど?!
老廃物が排出されやすいアポクリン腺の数が多い
欧米人は日本人よりもニオイのもとになる汗が出るアポクリン線の数が多く全身にアポクリン腺が点在している傾向があります。 アポクリン腺が全身に多ければ多いほど老廃物などが多いためワキガや、体臭がきつくなりやすい体質の可能性が高いです。
ニオイのもとであるアポクリン線の数が多く体臭がきつくなりやすい

ファーストフードや肉料理、乳製品が大好き

アメリカ
一日の摂取カロリーがとても高い
皮下脂肪が多くなると体臭が強くなる
アメリカに代表されるファーストフードをはじめ、肉や乳製品を良く好んで食べ、 高カロリーなものが多いアメリカでは摂取カロリーも多く、皮下脂肪がつきやすくなります。 皮下脂肪が多くなると悪臭を放つアポクリン線などを刺激するので体臭が強くなる傾向にあります。
ファーストフードや肉料理、乳製品が大好き

デオドラントを使うのは身だしなみのひとつ

アメリカ
学校で先生から言われることも?!
デオドラントを気にするのはアメリカではエチケット
アメリカでは、デオドラント、制汗剤を使うのは、歯磨きなどと同じで身だしなみのひとつと考えられています。 思春期頃の学校では先生から、教室で臭ってしまい他人の迷惑にならないように、「必ずデオドラントを使用するように」と言われることもあるそうです。
デオドラントを使うのは身だしなみのひとつ

身だしなみのひとつなのでスーパーで売られている

アメリカ
あたりまえのように売られています。
日常で使用するためスーパーなどで数多く売られています。
日本では珍しいことですが、アメリカのスーパーなどではシャンプーなどと同じようにいろいろなデオドラントが数多く売られています。 また、男性用、女性用などで香りがわかれていたりとバリエーションは豊かです。
身だしなみのひとつなのでスーパーで売られている

アメリカのデオドラント商品の特徴

アメリカ
肉食の文化からか体臭に悩みあり
香りがしっかりとついている商品が多い
アメリカのデオドラントの特徴としては種類が豊富であるということです。 さまざまなタイプの商品がありますが、肌質が強いのか敏感肌用などは少なめです。 また、制汗力とともにしっかりとした香りがついているものが多く、肉食の文化からか体臭に悩む人が多いようでアメリカのデオドラント商品の特徴のひとつになっています。
アメリカのデオドラント商品の特徴